子供は先生

高槻市ママヨガ・ピラティス教室/ママズバランスヨガのブログ写真

以前のブログからの紹介です。

 

服がシマシマ×シマシマなのはおいといて(笑)

 

教えたつもりはないけれど

 

1才3ヶ月の息子が

 

突然、ダウンドックのポーズをしました。

 

そういえば姉(5才)も

やっていたなぁと思い出しました。

 

私にとって歩くまでの子供は先生です。

 

初めて娘のお座りを見た時は


天才?!(親バカ)

 

と本気で思いました。

 

普段

私がレッスンで指導しているポイントを


すべてナチュラルにこなしていたからです。

 

骨盤、背骨、肩、頭の位置・・・


美しい~!先生~!

 

と感動しっぱなしでした。

 

ハイハイにしろ、ヨチヨチ歩きにしろ
本来、人が行うべき動きをしています。

 

なので、たまに真似してみたりします(笑)


結構なトレーニングになったりします。

 

皆さんもぜひお子様の事

よーく観察してみてくださいね!

 

 

ここから2016年8月16日の記事

 

歩き始めてからは

適切な靴を履かせ、よく歩かせる事で

 

歪みのない、トラブルのない身体へと成長します。

 

フラットな硬い地面

歩く機会の少ない今の子供には

 

靴!大事ですよー!!

 

今、私の息子にも履かせている靴

京都の靴屋さんで買いました。

 

物凄い知識と経験

熱いパッションを持ち、幅広く活躍されている

足と靴のスペシャリストの店長さんのお店です。

 

息子の偏平足の足に変化が

必ずあると感じています。

 

今はまだ経過を見ていますが、その時は

さらに自信を持ってご紹介しますね!

今、知りたい!という方にはお伝えします。

 

もちろん

足そのものの筋力を刺激する

トレーニングも大事です。

 

レッスンでは

まずママにトレーニング法をお伝えしていきます。

 

将来はお子様と一緒に

足指遊びができるようになりましょう♪

 

偏平足に関するブログ記事はこちら

 

子供の足の重要性

土踏まずが消えた?!

土踏まずがなくなると…